新築シェアハウス第3弾「この~木なんの木」vol.2

JOURNAL|TESEN

こんにちは!スタッフSakiです。新築シェアハウス第3弾「この~木なんの木」vol.1 でKAE OSAKAのシンボルとなる「全長 約8mのカウンターダイニングテーブル」に用いる木材を探し始めた私。

 

しかし、最初の打ち合わせで提案して頂いた木材では納得できず、ひとり「う~~~ん!」と悩むのでした…。

 

理想のダイニングテーブルに近づけるにはどうしたらいいだろう…。

 

そう考えこむ私のところに上司が

 

上司:「”突板”はどうや~?」

 

私:「”突板”?初めて聞きました。どういうものですか?」

 

突板とは

突板(つきいた、突き板、ツキ板とも)は、木材を薄くスライスした板材。 重ねたべニア板 等の表面に用いられる。

 

私:「…と言うことは、表面だけでも自然のウォールナットを使えるということですよね?!自然の木の色が使える!」

 

早速、工務店さんに相談です。

 

私:「”突板”と言うものがあるそうですが、今回のダイニングテーブルに用いることは出来ますか?」

 

工務店さん:「なるほど、”突板”ですね。使えますよ!サンプルを取り寄せてみましょう。」

 

私:「お願いします!ウォールナット以外にもダイニングテーブルに合う木はありますか?」

 

工務店さん:「アメリカンチェリーはどうでしょう?ウォールナットほど暗くはないですが木目のキレイな木ですよ。」

 

私:「いいですね!ぜひお願いします!」

 

アメリカンチェリーとは

バラ科の広葉樹。フローリングとして納品時には薄いピンク色だが、施工後数カ月~1年ほど経過すると日焼けで濃い赤色に変化していく材木。表面の濃い赤色や木肌のきめの細やかさから、古来から高級家具などに使われてる。

 

そうして、取り寄せてもらった突板を見てみると、ウォールナットよりもアメリカンチェリーのツヤっとした木の質感に一目ぼれ!さらには、経年で色が濃くなって行く木材なので、その変化も楽しむことが出来る。上司、工務店さんのおかげでとっても良い答えを出すことが出来ました♪

 

こうして、「全長 約8mのカウンターダイニングテーブル」の木材が決定! シェアハウスの中にカウンターダイニングテーブルが置かれる瞬間が楽しみで仕方ありません♡

 

★★★

 

新築シェアハウス第3弾「KAE OSAKA」の進捗状況や最新情報はコチラ!

 

ダイニングテーブルの木材を決めるのと並行して行っていたのが、リビングフロアの選定。ダイニングテーブルの色が変わったことで、フロアの色も変更することになりました。

 

この2つを決めるのが本当に大変で…。何度も「もうなんでもええわいっ!」と投げ出しそうになりましたが、最終的に納得の行く選択が出来たと思います◎

 

大きなヤマを越えて、少しほっとした私。でもまだまだオープンに向けてすることはたくさん!最後まで全力で頑張ります~~!

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG : , ,

1+

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Other

JOURNAL|TESEN

その他の最新記事