国際宇宙ステーションはシェアハウス?!民間有人宇宙船クルードラゴン成功!

JOURNAL|TESEN

宇宙飛行士野口聡一が搭乗した米スペースXの新型宇宙船「クルードラゴン」は日本時間11月17日午後1時1分、国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに成功した。地球を出発してから27時間だった。野口さんたちは国際宇宙ステーションに乗り込み6か月の長期滞在が始まる。

それにしても宇宙船と宇宙服が近代的でSFチックで映画さながら。


さて国際宇宙ステーションでの暮らしはどんなものでしょう?

少し覗いてみましょう。

お昼ごはん。すべてのおかずが机に縛られています。でもなんだか楽しそう。

宇宙でバトミントンしたり。

クリスマスを祝ったり。

みんなで一緒に寝てみたり。

 

 

 

は〜ん。

 

ばっちしシェアハウスですねこれは。

 

彼ら宇宙を壮大にシェアしてはります。

 

地球シェアハウスと宇宙シェアハウス。

 

違いは重力があるか、ないか?。

 

いや違いなんかありませんよ。

 

ちょっと空気がないだけで。

 

あとは全部一緒。

 

空気がなくても良い空気感があれば良い。

 

きっと野口さんもそう言うはず!

 

ASTRONAUT~宇宙飛行士~

古典ギリシア語で「星」を意味するἄστρον(ástron)と

「航海士」を意味するναύτης (naútēs)が語源。

 

星を航海する。

 

野口さん行ってらっしゃい!

 

 

 

 

 

ちなみに来年の2021年秋頃に宇宙飛行士が募集されます。

13年ぶりの募集開始。今のシェアハウス経験が宇宙でも生かせるはずですよ!

TESENのシェアハウスは毎日入居者募集中です。宇宙飛行士への第1歩としてシェアハウスはどうでしょう?

 

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG :

0

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA