拝啓20年後の君へ。

JOURNAL|TESEN

20年後。

世界はどうなっているだろう。

きっと「コロナなんかあったよね〜」って言っている。

 

20年後の私は…。

 

私が住んでいた部屋には誰が住んでいるのだろう?

あの頃のメンバーはどこで何をしているんだろう?

年末は定期的にみんなで集まっていたのに、、。

シェアハウスに住んでいた事が本当に現実だったのか。

夢のような、現実とは違う。世間の間のような。

あの頃はよかった。

あの時代はよかった。

そんなおじさんじみた事を口に出している自分にたまに嫌気がさす。

子供にはあの時の事を話すと煙たがられ。

聞き飽きすぎて相手にもしてもらえない。

そんな中子供の成人式も終わり。

「おっきくなったなぁ」と他人事のように遠目から晴れ姿を眺めていると。

 

「お父さん。お母さん。私シェアハウスに住んでみようかな思うねん!

お父さんとあ母さんが出会った言うてたシェアハウスに。」

 

子供は変に記憶力がいい。

 

聞いていなようでしっかり聞いている。

あのシェアハウスに家族で内覧に行くことになった。

 

外壁は少し古くなっているが一歩リビングに入ると、あの時と同じ匂いが押し寄せる。

足が地に付かない感じで部屋を見て廻る。

階段の手すり一つにも思い出が蘇る。

 

「ここにする!」

大きな声が廊下の先から聞こえてきた。

声のトーンからかなり気にっている様子だ。

その部屋は私が住んでいた部屋と同じであった。

 

初めてのひとり暮らしにシェアハウス。

ええやん〜我が娘。

 

 

こんな20年後になるといいなぁ〜笑

20年後の未来。

1000人が月で暮らし、年間1万人が月旅行を楽しむ。

道路を走行する自動車の75%が自動運転車になる。

東京でテレワークが当たり前になる。

大気汚染による死亡者が、年間750万人に達する。

日本の人口が、1億人を切る。

 

 

 

 

10年後の未来はこんなことが出来るようになるねんてー!

あんなことも出来るようになるらしい!

すごいやん!って。

その時はトキメクけど、いざ10年後を生きてみると、、、はて?そうでもない。

慣れってこわいですねぇ。

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG :

0

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Other

JOURNAL|TESEN

その他の最新記事