FILTER
Andy またね

【シェアハウスの素敵な風景】Bis später!またね!

JOURNAL|TESEN

ドイツ人のAndyがシェアハウスZEZE大阪から旅立つ日がやって来ました。

帰国までの約2週間、日本全国を旅するようです。

 

Andy reiさん

お見送りをしたシェアメイトの2人とZEZEの前で記念撮影

 

Andy たけさん

Andyは、私にとって初めて担当した入居者さんでした。

 

初めて会った内覧の日、

部屋を決めるのにとても真剣な彼は「考える像」みたいになっていて、

思わず笑ってしまいながら、真面目な人やな〜と言う印象でした。

 

ZEZEに入居してからは、毎週末どこかへ出かけ、

時々旅先から送ってくれる写真がとても嬉しかったです。

 

印象的だった出来事は、ある日ZEZEを訪ねた際、

AndyとシェアメイトのAちゃんが日本語で話しているのを見た時です。

ZEZEへ来た当初は全く日本語を話せず、私とはいつも英語で話す彼が、

Aちゃんが優しく話す日本語を理解して、日本語を喋ってる!!

 

一緒に行った花火大会の写真をフェイスブックに乗せるため、

日本語で文章を書くAndyとそれを手伝うAちゃんの2人の姿に

”シェアハウスってええな〜”と思わされました。

毎日欠かさず日本語の勉強していたもんね。

 

私の仕事の合間に晩ご飯を食べに行った時には、休憩時間を押すぐらい色々と話したね。

まだまだ時間が足りなかったぐらいです。

 

SENとの合同パーティでは日頃見せないほど楽しそうにしてたと聞きました。

その姿見たかったな〜!

 

引っ越して来た日と同じ大きなリュックを背負って、またね〜!と出発したAndy

さみしい〜!

 

Andy またね

また必ず会えるはず。Bis später!またね!

2週間の旅の途中でAndyと私の間にすごい偶然が!
やっぱり縁があったんやな〜

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA