【映画】全シェアハウスが泣いた。YouTubeで絶賛公開中

JOURNAL|TESEN

こんにちはTESENスタッフのSHUです。すっかり春ですね〜。新しい挑戦が街の空気感を活き活きとしたモノに変えているように見えるのは春のせいでしょうか。

 

今日はおすすめの映画を紹介します。

IT’S NOT THE END OF THE WORLD ISN’T IT ?

-世界は、ある一つのウィルスで未曾有の危機にあった 。-

 

今私たちが生きている時代とリンクする内容で、美しい映像に、美しい言葉に、美しい音楽。23分間のショートムービーです。

 

本作主人公のフランス人の彼。実は、SEN OSAKAの元入居者さん!普段シェアハウスでは見せない表情、そして演技力に驚かされました。

 

そう、そして本作品の脚本、監督はDAICHI KANBAYASHI。ご存知ないですか?実は彼、SEN OSAKAの入居者さんなんです!入居者さん同士のつながりを強く感じました。そして素晴らしい作品をありがとう!たくさんの人にDAICHI KANBAYASHIのセンス溢れる作品が届きますように!

 

素敵な作品を楽しませていただきました。

そして、少しだけ撮影現場にも行ってきました!

緊張感がひしひしと。音を立てないように息を潜めながら見学。

音声さんに、メイクさん、アシスタントさん、多くの人が関わりながら映画って出来上がっていくのですね!

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG : ,

1+

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Other

JOURNAL|TESEN

その他の最新記事