【ドミトリーってなに?】個室だけじゃないシェアハウスのお部屋タイプ

JOURNAL|TESEN

皆さまこんにちは!突然ですがドミトリーってご存知ですか?シェアハウスのお部屋タイプは大きく分けて2つあり、一つが個室。そしてもう一つがこのドミトリーです。

 

今回は過去に2年間ドミトリーで生活経験のある私がドミトリーのメリット・デメリットを徹底解説。
それでは早速行きましょう!

 

目次

  1. ドミトリーってなに?
  2. メリット
  3. デメリット
  4. 入居者さんの声
  5. まとめ

1. ドミトリーってなに?

とっても簡単に言うと、「相部屋」です。知らない誰かと、同じ部屋をシェアします。*もちろん性別は一緒の方とシェアします
ゲストハウス(ホステル)を利用された方や、テレビの「テラスハウス」をご覧になっていた方はイメージが付きやすいかと思います。
お部屋の中に2段ベッドが設置されているあの部屋です。

SEN OSAKAにもドミトリーあります。

 

シェアハウスでは個室でもリビングやキッチン、水回りという共有スペースは大家族のように全てシェアしますが、ドミトリーは更に寝室もシェアします。幼少期に兄弟と同じ部屋だった方も多いんじゃないでしょうか?そう!それです!その部屋をイメージいただければしっくりくると思います。←良い例えが思いつきました!

 

2. メリット

【一生涯の親友ができるチャンス!】

因みに私はオーストラリアで2年間ドミトリーで生活していた時にかけがえのない友に出会いました。
元スタッフのSakiもドミトリーで出会った方が親友に。

【体験談】シェアハウスは人生を変える?!~ドミトリーの相棒編〜

TESENのシェアハウスでもルームメイトになったことがきっかけで、一緒に海外旅行やなかには留学に一緒に行く方も!

 

【受け入れるチカラがつく】

ドミトリーなので当然相棒(ルームメイト)がいます。

「育ってきた環境が違うから好き嫌いはイナメナイ~」

と山崎まさよしやSMAPも言ってましたが、相棒になるのは昨日まで会ったことも喋ったこともない他人。最初はお互いに価値観などに戸惑う事もあるかと思いますが、自然と受け入れちゃえるチカラがついていきます。それ以上に素敵な文化や価値観と出会えます♪

 

【コスパ最強】

ドミトリーでも個室のお部屋でも、リビングなどの共有部は同じ空間をシェアします。そう考えたらコスパ良くないですか!?

3. デメリット(注意点)

次はデメリットと言いますか、ドミトリーに入居する際の注意点です。

 

・ルームメイトとライフスタイルは似ているか
・自分の荷物を置くスペースはあるか

 

この2点は大事です。生活リズム(ライフスタイル)が違うと寝ようと思ってた時に帰ってきて、物音で寝れないってことも。(最初の2,3日で慣れる方も多いです)なので、見学の際に運営会社の方にどんなとルームメイトになるかは必ず確認しましょう!そしてこれも大事、荷物が置けるスペースがあるかどうか。ドミトリーに入居する方はミニマリストの方が多いですが、たまに部屋一面に荷物がありお部屋を占拠している方も…これも見学の際に、自分の荷物のスペースはどのぐらいあるか、運営会社に確認しましょう。

 

4. 入居者さんの声

SEN OSAKAのドミトリーにご入居いただいた方の口コミをまとめてみました。

 

程良い距離感が心地いい。

 

みんな明るくてコミュニケーションをたくさんとってます

 

シェアハウスのリビングの雰囲気は自分のお部屋では出せない!

 

アットホームな感じで家族的存在です♪

 

大好きな友達ができた。

 

みんなで住みやすい家を作っていくような感じ

 

5. まとめ

ドミトリーってシェアハウス慣れしてないと無理なんでしょ?…とか他の方と一緒の部屋って緊張する。って声をよく聞くのですが、昔、兄弟やオトン、オカンと同じ部屋だった方も多いと思うので、そう考えるとドミトリーへのハードルも下がるのじゃないでしょうか。それに意外と思われるかも知れませんが、初めてシェアハウスでドミトリーに選ぶ方結構多いんです!特に色んな価値観や文化に触れたい方はドミトリーおすすめです。

SEN OSAKAのドミトリーは20歳~25歳の方がご入居可能で、夢を追っている方が多く入居されています^ ^夢を追いながらシェアハウスで生活したい!そんな方をTESENは応援しています。

#CATEGORY : JOURNAL / REPORT
#TAG : ,

0

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA