スタッフTAKUYAのシェアハウス体験記Vol.6

JOURNAL|TESEN

-オーストラリアでのシェアハウス体験記Vol.1〜4-

「シェアハウス?聞いたことはあるけど。」くらいにしか思っていなかった。そんなシェアハウスとの出会いをまとめてみましたのでご覧ください!

異国の地オーストラリアでのシェアハウス生活。ええぇぇそんなことあるの?!?!日本では絶対ありえない、まさかの出来事が!続く…続く…

 

-日本でのシェアハウス体験記Vol.5〜-

日本帰国後の住まいはシェアハウスを選択しました!海外との違いや日本のシェアハウスでのリアルな体験をゆる〜くまとめてます!こんな暮らし方もあるのかぁ〜と思っていただけたら、それだけで嬉しいです!


見学日当日。シェアハウスの最寄り駅で待ち合わせ。土地勘ない僕にとってはすごく助かりました。関西弁の男性スタッフさんが世間話をしながら駅からシェアハウスまで案内してくれました。5分ほど歩くと、シェアハウスに着きました。住宅街にひときわ目立つ建物。大きな玄関のドアを開けると木の匂いがス〜っと通り抜けてきて勝手にテンション上がっていました!笑

 

リビングに入るとおしゃれなカウンターキッチン、ソファー、ダイニングテーブルが目の前に広がり、第一印象でワンルームは選択肢から消えました。ソファーにはギターを弾いている外国人入居者さんが座っていてなんかいい感じ。スタッフさんが僕のことを紹介してくれて少し話すことができました!ドイツ人の彼は僕に「めっちゃいいところだから入りなよ!俺は来週出るけど!」と。この、ゆる〜い感じもシェアハウスのいい所!笑

 

その後シャワー、洗面所、部屋も見せてもらいました。不満な点一切なし。それどころか、思っていた以上におしゃれでキレイ。設備もしっかりしていてその場で申し込んでしましました!優柔不断な僕にとってはすごく稀なこと。

 

続く

やはり何かを選択する上で第一印象はすごく大切ですね!日本のシェアハウスはこんなにおしゃれなのか!?と驚いたのを今でも覚えています。僕が海外で住んでいたのは一体何だったのだろうか?笑

#CATEGORY : BLOG / JOURNAL
#TAG :

1+

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA