シェアハウスの間取り図でワイワイ♪ 人と人との動線が交わる生活空間

JOURNAL|TESEN

シェアハウスの間取り図をみたことありますか?分譲住宅、賃貸などの間取り図は良く目にする機会も多いですよね。でもシェアハウスの間取り図は?リビング広いね〜!バルコニーは欲しいね!とか。誰かと間取り図を見ながらワイワイ。そんなワイワイをシェアハウスの間取り図でTESENシェアハウススタッフ私SHUとやりませんか?今回は天王寺まで自転車で10分程のところにあるシェアハウスHAYA OSAKAを見ていきましょう。

HAYA OSAKA FLOOR MAP | produced by TESEN

さてさて、どんな間取りになっているんでしょうか。うん。まずエントランスが1Fの一番右手にありますね。エントランスを入って右手にお部屋があります。他の部屋よりも広めかも!そして左側にはキッチンがありますね。間取りを見てみるとシンクが対面して2つあり、そして中央にはアイランドキッチンっぽいのがど〜んとあります。そしてキッチン横にも勝手口が!すぐゴミを捨てに行けるから結構便利かも。海外のような大きなキッチンになっていいるのかも!いいですね〜!

キッチンの横にはダイニングスペースが。そしてダイニングスペースの横には大きなテラスがありますね!テラスの横にもガーデンスペースが!かなり外のスペースが充実しているようなシェアハウス!ダイニングの奥にはリビングがありますね〜。ん?L字な形と丸型の絵が描いてあります。これは、L字のソファとテーブルでしょう!L字のソフェ憧れるなぁ。リビングの横には階段があって、階段の横に水回りスペースがあるみたい!トイレが2つと、洗濯機とシャワー室が3つあるかんじ!間取り図からは分からないけど、洗面所もあると予想!そして水回りの前にはお部屋が4つありますね。なるほど。1Fには共有スペースが多く、お部屋は合計5つあるみたい!リビングの横に階段があったから2Fも見てみましょう!

2Fに上がってきましたよ。階段の横に「COLONNADE」と表記されていますね。よく見ると1Fのリビングスペースと形が似ている。そして転線でバツ印が。。。ん?ここは部屋がないってこと?部屋がないってことは空間だけ?そう、ここは1Fと2Fに繋がる吹き抜けのスペースになっているのでしょう!なんと贅沢ですね!そして間取り図で吹き抜けの空間を表すのって難しい(笑)。そして吹き抜けスペースの前にはライブラリースペースがありますね。本とかをゆっくりスペースになっているのでしょう♪お部屋11部屋あります。そして一番左端にはトイレも!1Fに降りなくても良さそう。

 

3Fに続く階段は間取り図からは見当たらないので、このシェアハウスは2階建てでしょう。1Fにはキッチン、ダイニング、リビング、水回りと、みんなが自由に使える共有部が集められています。そして2Fは個人のお部屋が大半を占めていますね。さてさて、いかがでしたか?間取り図だけを見るとなんだか大豪邸の間取り図を見ているみたい!まさしくシェアハウスは大豪邸のお家を複数人でシェアするイメージでしょう。

SHAREHOUSE HAYA OSAKA|SHARE SPACE

今回、紹介したシェアハウスHAYA OSAKAもそうですが、TESENのシェアハウスでは人が家の中でどのように動くかの「動線」がかなり重視されて設計されています。人と人が必ず出会う様にリビング、ダイニングは家の中心部に作られています。エントランスから個人のお部屋に行く時も、必ずリビング、ダイニングを通ります。そこで生まれるコニュニケーション、会話が入居者のこれからの暮らしを豊かにすると考えております。時には刺激を受け、時には共感し、時には摩擦を生みながら、さまざまな人、知らない世界と触れ合うことのできる場所にこれからも。

家の間取りを見るのが好きで、よく時間も忘れて見てしまうのですが、HAYA OSAKAの間取りを初めて見た時はかなり興奮しました♪

#CATEGORY : JOURNAL / REPORT
#TAG : ,

1+

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA