運営スタッフが語るシェアハウスのトラブルと対策

JOURNAL|TESEN

こんにちはTESEN(てせん)スタッフのSHUです。シェアハウスについて調べていると、こんなタイトルの記事が検索結果に。「シェアハウスに住むデメリット」「シェアハウスでトラブル」しまいには「シェアハウスやめとけ~」などなど。なるほど、なるほど。しかし、いざシェアハウスに入居するっ!となると、実際にトラブルがあるのかは気になるところです!それではシェアハウスで起こるトラブルと対策を見ていきましょう。

 

目次

  • あ、あ、あたすのプリン
  • 私、お皿を洗うために生まれてきたわけじゃない
  • 隣人リンリン
  • 忘れ去られるもの
  • 不法占拠

スタッフTAKUYAから見たSENOSAKA

 

|あ、あ、あたすのプリン

今週も1週間仕事に恋に大忙し。そんな私の楽しみは金曜日に食べるプリン。仕事を終わらし一目散に家に帰り、シャワーを浴びて、スッキリしたところで、冷蔵庫をオープン。そうそう、上から2段目に置いていたプリンが、、ない、、。あ!3段目に置いていた、わけでもない、、。冷凍庫?あるわけない!ぎゃああああぁ。私のお楽しみがない。逃した魚は大きいと言うが、取られたプリンは美味しい。

 

対策:自分のプリンには名前を書こう!もしくは、誰かにプリンが取られるとセンサーでそれを検知し音声で警告を発するデバイスその名も「プリン・ア・ラート2」を置こう。TESENのシェアハウス では月に1回冷蔵庫清掃を行っています。賞味期限切れのもの、退去者のもの、キレイに整理致します。

 

|私、お皿を洗うために生まれてきたわけじゃない

遅めの日曜日。柄にもなくに料理を作ろうと思いキッチンへ。修行中の豚の生姜焼きを今日こそは完成させる。油を引いて豚肉焼いて、生姜を入れてまさかの完成。そして盛り付けるお皿がと、、、私の視界にはない。シンクにはある。最後の詰めが甘い。今日も完成せず。今日も誰かのお皿を洗います。私の背中がお母さんに似てきました。

 

対策:料理の後はすぐに片付けよう!後で洗うのではなく今すぐに。と心に誓う。そしてみんなに周知しよう!そして内覧の時にはシンクとハウスルールを要チェック!シェアハウスの入居者さんの意識が分かります。

 

|隣人リンリン

隣の部屋から、5分起きのスヌーズ目覚ましが私を起こす。スヌーズ機能を作った人をものすごく恨みたい。次のスヌーズまでの2度寝は気持ちいけど、3度目のスヌーズからはもはや目覚ましの意味がないから許せない。真夜中の電話での恋人タイム。彼氏、彼女の声が聞こえてきて、私が恥ずかしくなる。恥ずかし損です。

 

対策:シェアハウスは共同生活。価値観の違い、文化の違い、育ってきた環境の違い、確かにあります。自分の許せる基準、相手が許せる基準、もちろんあります。そういう時はまずは対話をしましょう!私はここが好きではない、ここを直して欲しい。想いを直接伝えましょう。シェアハウスに入居している人はコミュニケーションを大切にしている人が多いです。何かを言われたからと言って逆上する人、きちんと話し合えない場合は運営会社に間に入ってもらうのも有りです。

 

|忘れ去られるもの

天気が良い日はランドリーデイ!洗濯機を使おうと思い、蓋を開けたら、誰かの洗濯物が静かに鎮座している。どうしよ、どかしたいけど、他人の服に触れていいのか、それとも、、、。周りを見渡しても誰も取りに来る気配もない。洗濯機の中の見覚えのあるTーシャツのキャラクターと目が合う。変なキャラクター。あの子の服だ。そういえば、あの子どこか旅行に行くって言ってたような。。。今日は帰ってこないようす。

 

対策 : 洗濯機の数には限りがあります。みんなのためにも洗濯機の終わる時間を把握しておこう。そしてもし、使えない状態だったら一度、みんなに聞いてみよう。シェアハウス内でのLINEグループがある物件が多いから連絡事項にはすごい便利。また、洗濯物を一時的に避難させることが出来るランドリーボックスが設置されているシェアハウスもありますよ。内覧時は要チェックです。

 

|不法占拠

ソファでゆっくりしよ〜。とルンルンでリビングに行くとなんだか窮屈。スーツケースが部屋の外に出されていたり、オブジェが置いてあったり、オブジェがあったり。こんなん共有部の不法占拠や、、。これも置きたい、あれも置きたい。あの人は置いてるから私も!共有部にはみんなの場所。個人のお部屋を世田谷ベースに!

 

対策 : 共有部に持ってきたモノは必ず自分のお部屋に持ち帰ろう。何度注意してもどかしてくれない場合は、管理会社かメルカリへ。内覧の時にもチェックすべきですね〜。みんなで使うモノや、役に立つモノは入居者のみんなの意見を聞いて、管理会社に許可を取って置けるかも!

いかがでしたか?シェアハウスで起こるトラブルって案外このような程度?もしくは思ってたより大変そうでしたか?ただ、何よりも物件を見に行き、自分の目で確かめる。そして自分の価値観、譲れないモノを再確認できれば、入居後のギャップも生まれにくいと思いますよ♪

#CATEGORY : JOURNAL / REPORT
#TAG :

1+

SHARE

ReTWEET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA